玄米はヨーグルトで炊こう!

カテゴリー:発酵食品全般
投稿日:2016.10.28

玄米は栄養価が高くて体に良いのはわかっていても、特有のパサパサ感やヌカ臭さでどうも食べにくい…という方に、とっておきの炊き方をご紹介します。

方法は超簡単!玄米を炊く時に、プレーンヨーグルトを入れるのです。ヨーグルトを入れて炊くと、気になるヌカ臭さがなくなりモチモチ感が出ておいしくなります。しかも、プレーンヨーグルトにより玄米が弱酸性になるおかげで、ギャバ(GABA)が2倍近くに増えると言われています。ギャバとは玄米にも含まれるアミノ酸の一種で、主に体内で作り出され、興奮した精神をリラックスさせたり、ストレスを和らげる働きをします。また、脳の血流を促し、酸素供給量を増やして代謝を活発にするという作用もあります。食べやすくなる上に、ストレスを和らげる成分が増える「玄米のヨーグルト炊き」。ぜひ試してみてください。

 

【玄米+ヨーグルトの炊き方】

1./玄米を研ぐ(炊飯器に玄米モードがない場合は玄米の表面に傷が付くようにごしごしと研ぐ)。

2./炊飯器に1と炊飯器指定の分量の水を入れる(玄米モードがない炊飯器なら白米の分量の水でOK)。

3./2に玄米1合に対しヨーグルト小さじ2を入れ、玄米モードがある炊飯器なら1時間、なければ2時間浸けた後、普通に炊く。

 

玄米と白米の栄養価はこんなに違う!

玄米は白米に比べて不溶性食物繊維が約6倍、ビタミンEが1.5倍、ビタミンB1が約5倍、ビタミンB2が2倍など(五訂日本食品標準成分表より)、栄養価が驚くほど高いのです。ただし、白米より消化が悪いのでよく噛んでいただきましょう。胃腸の弱い方は特に注意してください。

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい