味わい深いチーズの世界(7)  ”幻のチーズ”? 欧州で注目のブッラータチーズ

カテゴリー:レシピ, 食情報
投稿日:2016.09.04

チーズの定番といえば、モッツァレラチーズ!スライスしたトマトとモッツァレラにバジルを添えたイタリアカラーの「カプレーゼ」は、イタリア全土で好まれるサラダとしても有名。近年、日本でも一般的に知られてきています。

私たちにも人気の高いモッツァレラチーズに、ワンランクアップのチーズがあることをご存知でしょうか?

その名も「ブッラータチーズ」。袋状にしたモッツァレラチーズの皮に、生クリームを加えたモッツァレラを刻んだものを包みこむ、とても手間のかかった二層構造のフレッシュチーズです。クリームが加わっているため賞味期限は他のチーズよりも短く、製造に手間がかかることから”幻のチーズ”と呼ばれているのです。

南イタリア・プーリア州の特産品として知られ、イタリア以外では、フランスやスイスなど欧州で人気が高まっています。日本ではまだ認知度の低いチーズですが、最近ではイタリアンレストランや大手スーパーマーケットでも目にすることができるようになってきました。

まん丸い形をした巾着状のチーズをカットしてみると、中からはトロトロとクリームが流れ出てきます。そして味わいはとてもまろやかでクリーミー。もし手に入ったら、ブッラータそのものを楽しむためにも、手の込んだ料理は不要!イタリアンパセリやルッコラ、トマトなどを添えて、オリーブオイルやブラックペッパーを振りかけ、サラダとしてシンプルに味わってみてください。

今回編集部では、ブッラータチーズを使ったとても簡単で美味しいフルーツサラダを作ってみました。最近SNSでも人気の高い「桃モッツァレラ」をブッラータでアレンジしたもの。桃のみずみずしさとブッラータのフレッシュでクリーミーな味わいが絶妙にマッチし、ヤミツキになること間違いなし!ぜひ試してみてください!

 

「ブッラータとモモのサラダ」のレシピ

Burrata_2fix

 

【材料】(2人分)

・桃:1~2個

・ブッラータチーズ:1個

・レモンの皮:少々

・塩胡椒:適量

・白ワインビネガー:適量(なければバルサミコ酢でも可)

・オリーブオイル:適量

 

【作り方】

1./桃は皮をむいて一口大に切ってお皿に並べる。

2./ブッラータを手でちぎりながら、桃の上にのせていく。

3./レモンの皮を薄く剥いで、細くスライスして、2にちりばめる。

4./3の上にオリーブオイルを回しかけ、白ワインビネガーをまぶす。

5./塩胡椒を振って出来上がり。

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい