米麹で作る!! 「なすのからし麹漬け」の絶品度!

カテゴリー:漬物, レシピ
投稿日:2016.09.02

秋なすがおいしい季節になってきました。簡単なのに本格的な、なすのからし漬けを作りましょう。からし漬けは米麹か酒粕で作りますが、今回は米麹で作ります。ツーンとくる辛味と、麹の旨味と甘味がベストマッチ!

 

「なすのからし麹漬け」の作り方

秋なすは切り口が新鮮で、皮にハリとツヤがあるものを選びましょう。

 

【材料】

なす:500g(4~5本)

 

●下漬け用調味料

塩:なすの重量の5%

ミョウバン(あれば):大さじ1/2

醤油:大さじ1

砂糖:大さじ1

nasuduke_2

 

●漬け込み用調味料

米麹:カップ1/2(乾燥麹なら水カップ1/4でふやかしておく)

からし粉またはチューブ入りからし:大さじ2~3(辛味はお好みで)

砂糖:大さじ1と1/2

塩:大さじ1/4

酢:大さじ1

nasuduke_3

 

【作り方】

1./なすを乱切りにして水に10分浸け、あくを抜く。その後ビニール袋に塩、ミョウバンと一緒に入れて、冷蔵庫で1日下漬けする。ミョウバンで色が鮮やかに出てくる。なすは形が崩れるので、もまないで塩をまぶす感じにする。ミョウバンはなすの色出しのために入れるので、なくてもよい。

nasuduke_4

1日漬けたなす

 

2./一晩漬けたなすを布巾にくるんでぎゅっと固く絞る。

3./2をボウルにあけ、砂糖、醤油をまぶして30分ほど置く。

4./なすを30分置いておく間に、漬け込み用調味料を用意。からしは、粉であればお湯少々で硬めに練り、しばらくふたをして辛味を出す。

5./分量の米麹、からし、砂糖、酢、塩をビニール袋に入れ、よくかき混ぜておく。この時多少硬めでも、後で漬け込むなすの水分が出るのでそのままでOK。

6./5の入ったビニール袋に3を入れて口を結び、冷蔵庫で1日程度漬けて出来上がり。

nasuduke_5

 

ツンと鼻に抜ける辛味と旨味は、升酒にぴったり!

nasuduke_6

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい