一晩置くだけ!! ラクしておいしい「水だし」

カテゴリー:レシピ
投稿日:2016.08.27

和食のおいしさの基本は何といってもだし。使うのと使わないのでは味に差が出ますが、手間がかかるのも確か。

味にこだわりたい人の間でひそかに選ばれているのが、水だしです。水と材料を合わせて冷蔵庫で一晩置くだけで、すっきり上品なだしに仕上がります。

出来ただしは冷蔵庫で3日ほど保管できるので、常備しておけばだし巻き卵や和え物など少しだけだしが必要なときにとっても便利です。

 

【材料】

・昆布:5g

・鰹節:8~10g

・水:500cc

mizudasi_01fix

 

【作り方】

1./ぬれ布巾で昆布の表面を軽くふく。

mizudasi_02fix

 

2. /密閉容器に1と鰹節、水を入れ、冷蔵庫で1晩(8時間程度)おく。

mizudasi_03fix

 

3./昆布と鰹節を漉して使う。

mizudasi_04fix

 

※漉すのが面倒なら、鰹節を市販のだし袋に入れてもOK

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい