今が旬!枝豆を使った「ずんだ餡」

カテゴリー:レシピ
投稿日:2016.08.20

枝豆は今が旬。おいしくて値段も手ごろです。そこで枝豆を使った「ずんだ餡」を作りましょう。乾燥小豆の餡とは一味違う、新鮮な生豆を使って食感も残した鮮やかな緑の餡は、この時期ならではの逸品です。

 

「ずんだ餡」の作り方

枝豆は今が旬なので入手は容易ですが、旬以外の時期は冷凍でも乾燥青大豆でも代用できます。

 

【材料】

・枝豆(鞘と皮をはずしたもの):100g

・砂糖:25~30g(鞘と皮を外した枝豆の25~30%)

・塩:ひとつまみ

 

【作り方】

1./ 枝豆を茹で、鞘と薄皮をはずして計量する。

zunda_2

 

2./計量した枝豆の25~30%の砂糖を用意する。

3./すり鉢またはフードプロセッサーなどで豆を少し粒が残るくらいに砕く。またはビニール袋に入れ、すりこぎなどで叩いてもよい。

※砕き過ぎると食感がなくなるので、フードプロセッサーの場合は動かしたり止めたりを繰り返して加減を見てください。

zunda_3

すり鉢で砕く

 

4./鍋に砂糖を入れ、弱火にかけて溶かす。

5./砂糖が溶けたらすぐに3と塩ひとつまみを入れ、ごく弱火で5分程度、ゴムべらなどでかき混ぜながら煮る。好みの硬さになったところで出来上がり。

zunda_4

焦がさないよう絶えずかき混ぜる

 

zunda_5

緑鮮やかなずんだ餡の出来上がり

 

キンキンに冷やした白玉にのせると、夏らしい和スイーツに。

zunda_1

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい