夏の乾燥肌を防ぐ!!「野菜×油」のベストな摂り方とは?

カテゴリー:食情報
投稿日:2016.08.07

夏は、暑さによりいつでも肌が汗ばんでいるもの。だから気づきにくいのですが、じつは夏こそ肌は乾燥しがちなのです。「冷房」や「紫外線」といった肌を乾燥させる原因が多い割に、冬場よりも乾燥対策を怠る傾向があるため、気づけばカサカサ肌になってしまっていることも。

夏の肌の乾燥は、化粧品を使って外側から保湿することも大切ですが、良質の「油」を食生活に取り入れることにより、内側からしっとり潤うケアをすることも重要です。

 

ひと口に「油」と言っても、その種類はさまざま。なかでも、肌におすすめな油として有名な油が「オメガ3脂肪酸」を含むものだと言われています。オメガ3脂肪酸は、肌を美しく保つためのセラミドをつくり、シミやソバカスの原因となるメラニンの生成を抑制する効果が期待されているものです。

オメガ3脂肪酸を含む代表的な油は、「亜麻仁油」「エゴマ油」「インカインチオイル」などです。最近はスーパーでも購入できるものばかりですので、試してみるのもそれほど難しいことではなくなってきています。

 

おすすめの食べ方は、スプーン1杯の油を生のまま、サラダの上からかけて食べることです。生の野菜に含まれる酵素とビタミンに、加熱していないフレッシュな状態の油を加えて食べることで、肌にいいとされる成分を丸ごと体内に取り込むことができるとされているからです。

良質な油は、食べる美容液。ぜひ、夏の乾燥肌対策として試してみてはいかがでしょう。

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい