夏の美肌の味方 簡単!「バルサミコ酢プルーン」

カテゴリー:食情報
投稿日:2016.07.26

鉄分や食物繊維が豊富で健康と美容によいと人気のプルーンに、バルサミコ酢でひと手間加えるだけで、ビックリするぐらいおいしくなります! ヨーグルトやスイーツに合わせるのはもちろん、肉や魚のソテーのソース、カレーの隠し味などでも活躍します。

 

美容によい素材をダブルで

ビタミンやミネラルが豊富で健康によいと人気のドライフルーツ、プルーン。特に、鉄分による貧血予防効果や、食物繊維による便秘解消が高く、女性の強い味方でもあります。紫外線を浴びる前に摂ると美肌効果もあるといいます。 

ぶどう果汁を発酵・熟成させてつくるバルサミコ酢は、疲労回復や血流改善などの酢としての健康効果に加え、ポリフェノール含有量が高いのが特長です。

プルーンをバルサミコ酢に漬けるのがバルサミコ酢プルーンです。プルーンは柔らかく、ほどよく酸味がプラスされ、バルサミコ酢にはプルーンの香りと甘みがほのかに漂い、よりフルーティに。2つの素材の相乗効果で、おいしく、使いやすくなります。くれぐれも食べ過ぎにはご注意を。 

 

(1)基本のバルサミコ酢プルーン

balsamic_2fix

【材料】

・プルーン(種無し):100g

・バルサミコ酢:200cc

 

【作り方】

1./保存びんにプルーンとバルサミコ酢を入れる。

2./涼しい場所や冷蔵庫で、1晩以上漬ける。

 

(2)まろやかバルサミコ酢プルーン

ワインを使って酸味を抑えた優しい味のバルサミコ酢プルーンです。

balsamic_3fix

【材料】

・プルーン(種無し):100g

・ワイン:100cc

・バルサミコ酢:100cc

 

【作り方】

1./ワインを火にかけ、一煮立ちさせてアルコール分を飛ばす。

2./1が冷めたらバルサミコ酢と合わせ、プルーンとともに保存びんに入れる。

3./涼しい場所や冷蔵庫で、1晩以上漬ける。

 

●おいしいバルサミコ酢プルーンの食べ方

・ヨーグルトやスイーツに

ヨーグルトやパンケーキに合わせて。また、はちみつで甘みとトロミを少し加えたソースとし、バニラアイスにかければ贅沢な味に!

 

・パンやケーキの生地に

柔らかくなったプルーンを荒く刻んで、パンやパウンドケーキなどの生地に加えます。

 

・肉や魚料理のソース、ドレッシング

肉や魚のソテーに、ほのかな甘みと酸味が抜群に合います。オリーブオイルを加えて、サラダのドレッシングとしても。

 

・カレーの隠し味に

大さじ1程度をカレーの隠し味に。夏の暑さでも食欲が進みます。

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい