天然の酸味が決め手!自家製ザワークラウト

カテゴリー:レシピ
投稿日:2016.07.14

暑い夏は乳酸菌が大活躍。今だからできる、本格的ザワークラウトを作りましょう。酸味は天然の乳酸菌から出たもの。酢は使わない乳酸菌発酵で、本場ドイツの味が手軽に再現できます。

 

本格的ザワークラウトの作り方

ソーセージの付け合わせにはぴったりのザワークラウトは、キャラウェイシードを使うと一段と本場ものに近くなります。大手のスーパーでは販売されている場合が多いですが、どうしても入手できない場合は粗挽きの黒コショウを使ってピリッとさせましょう。

 

【材料】

・キャベツ:1000g(中くらいのもの1玉程度)

・塩:20g

・キャラウェイシード:7g(どうしても入手できなければ粗挽き黒コショウを5g)

・月桂樹の葉:1枚

・鷹の爪:1本

Sauerkraut_2fix

 

【作り方】

1./キャベツは芯と外側の葉を取り除き、千切りにする(スライサーでも可)。

2./ボウルに1と塩、キャラウェイシードを入れて水分が出るまでもむ。

3./2のボウルに月桂樹の葉と鷹の爪を入れて軽く混ぜて皿で落とし蓋をし、その上に1リットル程度のペットボトルで重しをかけ、室温で放置。

4./1日ぐらいすると水があがってくる。2~3日してキャベツの色が黄色っぽくなり、酸味が出たら出来上がり。お好みの酸味のところで別の容器に移し、冷蔵庫で保存する。約10日ぐらいは保存可能。

Sauerkraut_1fix

ジャーマンソーセージには最高の付け合わせ!

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい