梅ジャムは、梅酒の梅を有効活用!

カテゴリー:レシピ
投稿日:2016.06.25

新しい梅酒を仕込む時期がやってきました。去年作った梅酒をビンに移し替えて、新しいものを作る準備の際に出てくるのが、漬けこんだ大量の梅の実です。もちろん、そのまま食べてもいいのですが、全部食べきるのはかなり大変。そこで、この梅の実を有効活用して、梅ジャムを作ってみませんか。煮込んでしまうのでアルコール分は飛びますが、梅酒の香りを残した大人の味がクセになります。

 

梅ジャムの作り方

梅酒から取り出した梅の実は硬いものも柔らかいものもあるので、柔らかくなるまで煮る時間はまちまちです。時々箸などでつまんでみて硬さをみてください。

 

【材料】

・梅酒の梅の実:1kg

・砂糖:200~500g(黒砂糖でもよい)

 ※作る際に実を食べてみて、甘さの感じで砂糖を調節してください。

・レモン汁:1/2個分

・熱湯消毒した密封ガラスビン

umejam_2

 

【作り方】

1./梅の実をざるに入れ、その上にお皿などを置いて1日程度軽く重しをし、実に含まれる水分を絞る。ここで出た水分は濃厚な梅酒なので、捨てないで取っておく。

※梅がすでに柔らかく、煮なくても種が取り除ける状態であればここで取り除き、4の手順に進んでください。

2./1を鍋に入れ、梅の実がかぶるまで水を入れて火にかけ、沸騰したら弱火にして梅の実が柔らかくなるまで煮る(20分程度)。

3./2をざるにあげて水を切り、30分程度冷ます。梅の実が冷めたら、手で種を取り除く。

umejam_3

 

4./3を鍋に戻し、砂糖とレモン汁を加えて弱火でとろみがつくまで煮込む。冷めると硬くなるので、ゆるめで止めておくとよい。

umejam_4

 

5./熱湯消毒したビンに詰めて、冷蔵庫で保管する。長期間保存が可能。

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい