超カンタン!夏の便利調味料「しそ味噌」

カテゴリー:レシピ
投稿日:2016.06.21

暑くなると火を使った料理もしたくない、あまり食欲もわかない。そんな季節にぴったりの常備菜、青じそをたっぷり使った「しそ味噌」を作りましょう。あっという間にできて、ご飯のお供はもちろん、肉につけて焼いて良し、冷ややっこにのせて良しの便利調味料です。

 

「しそ味噌」の作り方

青じそを自宅で栽培されている方も少なくないと思います。摘んだら風味が落ちないうちにすぐに使うようにしましょう。

【材料】

・青じその葉:20枚

・味噌(甘口がおすすめ):50g(今回は【2週間でできる!“西京風味噌”を作ろう!】で作ったものを使用)

・ごま油: 小さじ1

・酒:大さじ1

・七味唐辛子(お好みで):少々

shisomiso_2

 

【作り方】

1./青じその葉を水で洗い、熱湯にくぐらせて5分ほど水にさらしアクを抜く。

2./1をぎゅっと絞って水気を切り、みじん切りにする。

3./フライパンにごま油を入れて熱し、味噌と酒を入れさっと炒める。

4./火を止め、2を投入しかき混ぜて出来上がり。お好みで七味唐辛子を入れてもよい。

※冷蔵庫で約10日間は保存可能。

shisomiso_3

しその香りが食欲をそそる

 

青じそは脇役にあらず

青じそは刺身のつまに付いてくる単なる脇役、と思っていませんか。実は青じそに含まれるカロテンの量は、西洋かぼちゃの約3倍近くもあり、野菜の中でもトップクラスです。また主成分である「ロズマリン酸」には活性酸素を除去する作用が、青じそ特有の香りのもとである「ペリルアルデヒド」という成分には、臭覚神経を刺激して胃液の分泌を促し、食欲を増進させるほか、健胃作用もあると言われています。これから夏にかけて新鮮な青じそが手に入りやすくなります。ぜひ新鮮なものを積極的に料理に取り入れましょう。

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい