簡単!超腸活、最強の“発酵おにぎり”

カテゴリー:レシピ
投稿日:2016.06.18

6月18日はおにぎりの日(おむすびの日は1月17日)です。

小泉武夫センセイ (当サイト総合監修/東京農業大学名誉教授)も「握り飯を食べると、なんだか知らないが力が湧き出てくるような気がする」(「江戸の健康食」河出書房新社より)と著書で語っているように、おにぎりにはその1つの形に母の味や愛情、日本の食文化が詰まっている素朴で力強い日本の携帯食です。

“最強発酵おにぎり” はおにぎり自体を発酵させるわけではなく、「微生物」、「酵母・細菌」、「カビ」の3大微生物で作られた発酵食品を贅沢に使った、どこか懐かしく風味豊かな健康おにぎりです。

そもそも発酵食品とは、微生物が食べ物をより役立つ方向に変化させてくれているもの。いわば先人の知恵から生まれた天然の”加工食品”です。

“最強発酵おにぎり”は、味噌、醤油、チーズ、鰹節の旨みの相乗効果と発酵パワーで腸も元気になり、家庭内にあるもので簡単に作れ、朝食やお子様のおやつにも最適。

 

最強発酵おにぎりの作り方

【材料(2人分・おにぎり4、5個分)】

onigiri_2

 

・ご飯:2合

・鰹節(本枯節を選びたい):お好きなだけ

・チーズ(ナチュラルチーズならなお可):お好きなだけ

・醤油:小さじ1

・味噌:大さじ1

・本みりん:大さじ1

 

1./ご飯に鰹節、1㎝角に切ったチーズ(写真はプロセスチーズを使用)、醤油を入れ混ぜあわせ、おにぎりを作る。この時点では薄味にしておく。

onigiri_3

 

2./おにぎり表面に味噌と本みりんを混ぜあわせたものを塗る。

onigiri_4

 

onigiri_5

 

3./オーブントースターかグリルで焦げ目がつくまで焼けば(約5分)でき上がり。

※クッキングペーパーを敷くと網にくっつきにくくなる。

 

焼きたてはチーズがとろりと溶け、鰹節の風味と味噌の甘じょっぱさが口の中に広がります。

onigiri_6

 

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい