朝食のシリアルの賢い選び方

カテゴリー:食情報
投稿日:2016.05.25

「毎日、朝食にはシリアルを食べている」という人が増えている。慌ただしい朝でも手軽に食べられるシリアルは、日本のスーパーマーケットでも買えるようになったこともあり、幅広い世代の人たちから人気の朝食メニューとなった。

意外と知られていないことだが、シリアルとは穀物のことを指す。つまり、コーンフレークやグラノーラ、ミューズリーやオートミールなど、すべてをまとめた総称がシリアル、ということになる。

穀物由来なら添加物も少なく、さぞや低カロリーな食べ物かと思いきや、じつはシリアルのなかでも栄養やカロリーの面で違いがあるという。

そこで、まずはどのようなシリアルがあるのか、それぞれの特徴を簡単におさらいしよう。

 

◎オートミール

cereal_3

オーツ麦のこと。オーツ麦はビタミンB群・ミネラル・食物繊維などが多く含まれる。牛乳や水に浸し、お粥のようにして食べるのが一般的。

 

◎ミューズリー

cereal_4

オートミールにドライフルーツやナッツ、オーツ麦以外の穀物などを加えたもの。牛乳やヨーグルトと食べるのが一般的。

 

◎グラノーラ

cereal_1

オートミールにオリーブオイルやシロップなどをまぜて焼きあげたものに、ドライフルーツやナッツなどを加えたもの。牛乳やヨーグルトと食べるのが一般的。

 

◎コーンフレーク

cereal_2

トウモロコシを加熱してフレーク状にしたもの。甘い種類のものは、砂糖やシロップが加えられている。牛乳やヨーグルトと食べるのが一般的。

 

「オートミール」「ミューズリー」「グラノーラ」に共通するのは、オーツ麦が使われていること。ダイエットを心がけている人や、「本当にヘルシーなシリアルを食べたい」と思う人は、一番シンプルな素材を味わえるオートミールがよいだろう。それ以外でも、なるべく甘味料の入っていないタイプを選んで、甘みは果物などで足すとヘルシーな朝食となる。

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい