2大発酵食品の合体パワーが凄い!味噌ヨーグルト床漬物登場!

カテゴリー:漬物
投稿日:2016.04.08

連日の変わり糠漬け第2弾!(第1弾はこちら〔野菜だけじゃない?!変わり糠漬けを楽しもう!〕)

最近、味噌とヨーグルトという東西の発酵食品の王者を使った“糠漬け風”の漬物が人気です。“ヨーグルト床”を育てる必要がなく、浅漬け感覚で作れるのに、味は本格的。密閉式の食品用保存袋を使えば、少なめの味噌ヨーグルトで漬け込むことが可能です。手軽に作れるので、ぜひチャレンジしてみてください!

 

味噌ヨーグルト床の漬物

【材料】

・ヨーグルト:100g

・味噌:50~70g

・好みの野菜:適量

yoghurttoko_02fix

使う味噌は何でもOK

 

【作り方】

1./きゅうりなどの野菜は水洗いして、水分を拭き取っておく。

2./ヨーグルトと味噌を密閉式の食品用保存袋に入れ、よく混ぜる。

3./1を2に入れ、袋の中の空気を抜く。冷蔵庫に入れ、1日〜2日漬ける。

yoghurttoko_03fix2

 

4./3から野菜だけ取り出し、さっと水洗いして食べやすい大きさに切る。

yoghurttoko_04fix

 

オススメ食材

きゅうりやなす、かぶなど糠漬けの定番野菜はもちろん、パプリカやタケノコ、モッツァレラチーズも美味! 肉や魚を1晩漬け込むと、肉質が柔らかくなり、臭みもなくなります。焼く前に、味噌ヨーグルトは軽く落としましょう(注:一度肉や魚を漬けた味噌ヨーグルト床は生食する漬物には使えません)

yoghurttoko_05fix

 

ヨーグルト床は捨てない!

ヨーグルト床は1回使い切りではありません。野菜から出た水分で水っぽくなってしまった場合は、ヨーグルトと味噌を足すなどして、2~3回は使えます。また、ドレッシングのベースや味噌汁の隠し味としても。

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい