【小泉武夫が通う店】 鯨串かつ「元祖くじら屋」(東京都渋谷区)

カテゴリー:食情報
投稿日:2016.03.25

いまや世界的名所となった渋谷のスクランブル交差点。これも全国区の「SHIBUYA109」のすぐそば、まさに日本一ホットな街に「元祖くじら屋」はある。知る人ぞ知る昭和25年創業の鯨料理の老舗だ。

スクランブル交差点そば

 

くじら屋の看板メニューはその名の通り鯨だ。なかでも小泉センセイのお気に入りは「鯨串かつ」。店を訪れると必ず2串は頼み、連れの人々にも「おいしいから、おいしいから」と薦めるという。

kujiraya_03

鯨串かつ2本

 

鯨串かつは、1串でもかなりのボリュームがある。これに頭からムシャムシャかぶりついていくのが、小泉センセイ流。

 

小泉センセイに倣(なら)ってガブリといくと、からりと揚がった衣の下にジューシーなネギと鯨肉が現れる。旨い!! 柔らかい鯨肉は、噛めば独特の風味とコクのある脂が口に広がってくる。

 

ところで、「鯨を食べたことがない」 人がいるかもしれない。縄文時代から豊かな鯨食文化を育んできた日本にいながら、もったいない話である。「鯨肉は硬くて不味い」イメージを持つ人もいるが、臭みが強い鯨肉が出回ってしまったのは昔の話。冷凍技術や流通が発達した現在では、血生臭さや嫌なクセがあるものはほとんどない。むしろ鯨肉独特の香りが人気で、特に脂はマグロのトロとも牛肉ともまた違いクセになる。

 

鯨肉は良質のたんぱく質が多く脂質が少ないヘルシー食材だ。魚と同じ不飽和脂肪酸(牛肉、豚肉は飽和脂肪酸)、鉄分やビタミンAなどが豊富で、抗疲労効果があるアミノ酸物質「バレニン」も注目されている。日本人が古くから栄養源として珍重してきたのもうなずける。

棚橋清彦さん

 

くじら屋代表取締役の棚橋清彦さんによると、「昔食べた鯨より全然おいしいよね」と通いはじめる年配の方から、「はじめて食べたけどおいしかった。また、来ます」という若い人までいるとか。「子どもさんにも唐揚げなど人気で、刺身もパクパク食べています。一度食べてみてください、とてもおいしいですよ」(棚橋さん)

 

 

【元祖くじら屋】

鯨串かつ:780円

住所:東京都渋谷区道玄坂2-29-22

TEL:03-3461-9145/0120-880-920

営業時間:ランチ 月〜金11:30〜14:00、土・日・祭日11:30〜17:00

     ディナー 月〜金17:00~22:30(LO21:45)、土・日・祭日の前日17:00~23:30(LO22:45)

定休日:第1、第3月曜日

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい