「だけ」で作れる発酵おつまみ3選

カテゴリー:レシピ
投稿日:2016.03.17

春は何かとあわただしい季節。夜ぐらいはお酒を片手にリラックスしたいもの。“焼くだけ”“和えるだけ”と「だけ」でさっと作れて、ヘルシーでおいしいおつまみをご紹介します!

 

“焼くだけ”じゃこチーズ、桜海老チーズ

チーズにじゃこ、桜海老とカルシウム豊富でイライラ対策によいとされる食材を合わせました。熱々でも、冷めてからでもおいしい!

 

【材料】

チーズ:40g

じゃこ:大さじ1

桜海老:大さじ1

黒胡椒:適宜

 

【作り方】

1./チーズは削るか、小さく切る。

2./フライパンに1を円形に置き、熱する。

3./チーズが溶けてきたらじゃこと桜海老を載せる、好みで黒胡椒をふる。チーズがこんがり色づいたら火を止める。

 

“トースターだけ”アンチョビトマト

ヘルシー食材のトマトにアンチョビとチーズをプラス。トマトの抗酸化物質のリコピンは、加熱調理や油分と一緒に摂取することで吸収がよくなるとされています。

 

【材料】

トマト:1個

アンチョビ:2切れ

チーズ:少々

醤油:適宜

黒胡椒:少々

 

【作り方】

1./トマトは7mm程度の厚さに切っておく。アンチョビは刻み、好みで醤油を垂らす。

2./耐熱容器に分量外の油を塗り、トマトを並べる。アンチョビとチーズを散らし、オーブントースターで熱する。

3./チーズがこんがり色づいたら、黒胡椒をふって出来上がり。

 

“和えるだけ”明太子チーズ

栄養価の高いクリームチーズと明太子で絶妙の味に。くれぐれも食べ過ぎにはご注意を。

 

【材料】

明太子:30g

クリームチーズ:50g

大葉:1枚

オリーブオイル:少々

 

【作り方】

1./明太子はほぐす。クリームチーズはサイコロ状に切り、大葉はせん切りにする。

2./クリームチーズを明太子で和える。

3./大葉を盛り、オリーブオイルを垂らす。

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい