素肌美人になる「コラーゲン」を作る食材とは?

カテゴリー:食情報
投稿日:2016.02.17

「コラーゲンは美容に効くらしい」という評判がたち、一躍、有名になった「コラーゲン」。食べると肌がぷるぷるになるという噂の「コラーゲン鍋」や「コラーゲン入りドリンク剤」など、コラーゲンブームが起こったことは記憶に新しい。

たしかに、私たちの肌は、真皮の約7割がコラーゲンと言われ、コラーゲンがあることで肌の弾力や若々しさはキープされているといわれる。コラーゲンが不足すると、肌からはハリやみずみずしさが失われ、実際の年齢より老けて見えるケースもある。

だからといって、やみくもにコラーゲン入りと銘打った食品を食べるのは考えものだろう。食べものでコラーゲンをそのまま摂取しても、消化している間にコラーゲンはアミノ酸に分解されてしまうため、ほかのタンパク質を食べることと同じ。ダイレクトに肌が美しくなるわけではない、という説があるからだ。つまり、コラーゲンを食べても、そのまま肌のコラーゲンになるとは限らないのだ。

 

では、肌のコラーゲンを増やすためには、何を食べたらいいのだろうか?

一般的には、コラーゲンを作るのは、タンパク質やビタミンCが豊富に含まれている食材をバランスよく食べることだといわれている。具体的には、納豆味噌豆腐などの大豆製品といったタンパク質を豊富に含むもの赤ピーマンほうれん草ブロッコリー小松菜といったビタミンCを豊富に含むもの。これらの食材をたっぷり食べる、というシンプルな食生活こそが素肌美人を作る秘訣なのだ。

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい