喉のイガイガに「大根飴」が効く!

カテゴリー:食情報
投稿日:2016.02.15

喉がイガイガ乾燥したり、ヒリヒリ痛みを覚えたりしたときなど、まずは「のど飴」で対処という人も多いのではないでしょうか。ただ、舐めすぎて舌がザラザラしたり、口内炎ができたり、口の中が荒れてしまう悩みも多いようです。

そんな人にお勧めなのが「大根飴」! 「飴」といっても、「飴玉」ではありません。大根をハチミツに漬けた後にできる「エキス」のこと。これをそのまま舐めたり、お湯で割って飲んだりすると、喉の痛みや痰、咳止めに抜群の効き目があります。

 

消炎&殺菌作用で喉スッキリ!

大根飴は、民間薬として古来、伝わるものですが、その効果は、栄養学的に見ても、実に理に叶っています。

まず大根の辛味成分である「イソチオシアネート」。大根を食べるとツンとする辛さを感じますよね。その元となっているのがこの物質。消炎作用があり、喉の炎症を鎮め、痰を取り除いてくれます。

一方のハチミツが持つのは、強い殺菌作用です。人類は紀元前6000年頃にはすでにハチミツを採集し始めており、その殺菌作用にも気づいていたようです。そのため、「食用」だけでなく、内用薬、あるいは外用薬として用いた記録が多数残されています。

また、最近の研究では、咳止め薬としての効果(2007年・ペンシルベニア州立大学での研究)や、抗生物質以上の抗菌作用(2008年・カナダの研究者)等が明らかになっています。

「消炎作用」と「殺菌作用」。大根飴が喉や痰、咳に効くのも納得ですよね。さらに、大根には、免疫力を強化するビタミンCも豊富ですから、大根飴は風邪予防としても大いに活用できます。

では、作り方です。

 

大根飴の作り方

daikoname_1

【材料】

大根、ハチミツ

 

【作り方】

1./大根を1~2cmくらいの角切りにする

2./1を深めの保存容器に入れ、大根がひたひたに隠れるまでハチミツを注ぐ

3./2を冷蔵庫で数時間から一晩ほど寝かせる

 

取り出した大根も料理として活用しよう

寝かせて2〜3時間もすると大根が小さくなり、そのエキスがハチミツに溶け込みます。その段階で飲んでもいいですが、より効果を期待するならば、やはり一晩寝かす。そのほうがエキスが濃厚になりますからね。

ただし、生ものなので、保存はそれほど効きません。2~3日で飲み切るのが理想。長くても1週間ほどが限度です。

漬け込んでいる大根は、シワシワにしぼんできたら取り出しましょう。こちらはハチミツ漬けの大根として、キンピラや煮物、サラダ、漬物など、さまざまな料理として活用することができます。

なお、ハチミツは、厚生労働省の指導により1歳未満のお子さんには与えてはいけないことになっていますので、注意してくださいね。

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい