乾物を戻すならヨーグルトで?!

カテゴリー:レシピ
投稿日:2016.01.30

切り干し大根や煮干し、昆布など日本の伝統的な乾物は、栄養分もたっぷりな上に、冷蔵庫なしで長期保存できるすぐれものとして、最近見直されています。この乾物を使う時、水ではなく、ヨーグルトで戻してみませんか?

水を使って乾物を戻す場合、調理する時に必ず水を絞ります。しかし、それではせっかくの栄養分を捨ててしまうことになります。そこで、切り干し大根や高野豆腐などは水ばかりでなく、ヨーグルトで戻してみませんか。これで乾物の栄養分+ヨーグルトの栄養分を余すことなく摂ることができ、風味がマイルドになって食感も良くなります。

 

●切り干し大根ヨーグルトレシピ

切り干し大根をヨーグルトで戻すと水で戻すより甘みが強くなり、サラダやあえ物に向きます。

 

kanbutsu_1

 

【切り干し大根とツナのサラダの作り方】

1./切り干し大根は〔大根1:プレーンヨーグルト3〕ぐらいの割合で密閉容器に入れてよく混ぜ、冷蔵庫で7~8時間おく。

2./切り干し大根はヨーグルトごとざくざくと切っておく。きゅうりは小さめの千切りに切る。

3./ボウルにツナとマヨネーズ大さじ2~3、コショウ少々を入れて混ぜ、2とあえる。

 

●高野豆腐ヨーグルトレシピ

ヨーグルトの風味で濃厚な味の高野豆腐は洋風料理にもぴったりで、焼き物やグラタンに向きます。

 

kanbutsu_2

 

【高野豆腐の豚肉巻きソテーの作り方】

1./密閉容器に高野豆腐を入れ、ヨーグルトがゆきわたるようにまぶして、少し柔らかくなったら揉みこむ。冷蔵庫で7~8時間置く。切る場合は戻してから切る。

2./戻した高野豆腐をヨーグルトごと短冊状に切り、薄切りの豚肉を巻いて塩コショウをしておく。

3./フライパンにオリーブオイルを引き、最初は巻き終わりを下にして焼き、両面をこんがりと表面がカリカリになる程度に焼きつける。

 

●昆布ヨーグルトレシピ

昆布をヨーグルトで戻すと、一時話題になった塩ヨーグルトに昆布を入れた感じになります。昆布は戻って柔らかくなり、味も出てヨーグルトもおいしくなるので、昆布とヨーグルトをソースのようにして一緒にいただきます。

 

【昆布ヨーグルトディップの作り方】

1./昆布をはさみで細かく切り、ヨーグルトに入れて戻す。

2./昆布入りヨーグルトに塩を加える。昆布の塩気はそれぞれ異なるので、味を見ながら塩を調整。

3./セロリやにんじん、キュウリなどを短冊に切り、2をマヨネーズ代わりにつける。

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい