水切りヨーグルト&ホエー活用法

カテゴリー:発酵食品全般
投稿日:2016.01.19

市販のヨーグルトを水切りして木綿豆腐のようにしたものが「水切りヨーグルト」、出てきた水分が「ホエー」です。ヨーグルトは成分が濃縮し、酸味が抜けてまるでサワークリームやクリームチーズのような風味なのに、低カロリー。水を切ってもカルシウムなどはほとんど減少せず、タンパク質は水切り前の約2倍になります。また、ホエーの乳清タンパク質に含まれる必須アミノ酸は、人体に不可欠なアミノ酸パターンのすべてを十分に満たしていると言われています。

普段食べているヨーグルトにちょっと手を加えて、食のバリエーションを増やしませんか。

 

水切りヨーグルト&ホエーの作り方

ザルにキッチンペーパーを敷き、市販のヨーグルトを入れて、数時間~1晩置く。時間を短縮するには、ヨーグルトにキッチンペーバーでふたをして、その上に水を入れたビニール袋をのせて重しにする。こうすると5~10分ぐらいで水が切れる。切れた水分がホエー。

ヨーグルト450~500gが約半分になり、ホエーがコップ1杯程度とれるぐらいが目安。

 

●水切りヨーグルトの活用法

チーズやマヨネーズの代わりに使います。

 

【ピザトースト】

食パンにピザ用ソースを塗り、トマト、ピーマン、サラミなどと水切りヨーグルトをたっぷり載せ、粉チーズを振りかけてトースターで焼く。チーズだけより濃厚な味が楽しめる。

 

【カプレーゼ】

トマトと水切りヨーグルトを交互に並べて塩、胡椒、オリーブオイルをかける。

 

【ポテトサラダ】

普通のポテトサラダの材料(ゆでたジャガイモ、きゅうり、ハムなど)にマヨネーズのかわりに水切りヨーグルトを混ぜ込み、塩、胡椒にオリーブオイルを少々加える。

 

●ホエーの活用法

ホエーはカルシウムを豊富に含むので、捨てずに有効に使いましょう。そのままでもおいしいですが、料理の隠し味にも大活躍します。

 

【ホエーゼリー】

ホエーにレモン汁少し足し、砂糖とゼラチンを加え冷蔵庫で冷やし固める。

 

【ご飯を炊く水に混ぜて】

米(2合)に対してホエー(200cc)と水を入れ、炊き上げる。ご飯はほんのり甘味が増し、冷凍してもモチモチ感が残る。

 

【唐揚げの下味に】

下味を付ける際に、ホエーを鶏肉に揉みこむ。肉がジューシーになり、冷めても柔らかい。

 

【野菜の浅漬けの漬け汁に】

ホエーに塩、胡椒、オリーブオイルなどを入れ、野菜を漬ける。酢よりもマイルドな漬け上がりになり、酢の苦手な人でもおいしく食べられる。

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい