「爆買い」の中国人が驚いた日本の餃子

カテゴリー:食情報
投稿日:2015.12.08

日式餃子!

 近年「中国人の爆買い」が話題になるなど、日本に旅行にくる中国人が急増しています。北は北海道から南は沖縄まで、観光地では中国語表記の案内が溢れ、中国のデビットカード「銀聯カード」が日本中の多くのお店で使用できる状態です。

 そんな中国人旅行客のために餃子定食を出したところ、「日式餃子!(日本風の餃子だ)」「本当に日本人はこうして餃子を食べるのか」と驚かれたと聞きました。中華料理であるはずの餃子を見て日本らしさを感じるとは、いったいどういうことなのでしょうか。

 

こんなに違う中国の餃子事情

 日本で餃子といえば、皮が薄くパリッと焼き上げる「焼餃子」を思い浮かべます。きれいに焦げ目をつけて焼いた餃子に醤油や酢、ラー油などを混ぜたタレを付けて、ご飯のおかずとして食べるのが一般的です。

 しかし中国人から見ると、「餃子をおかずにして白米を食べる」というこの光景は、ものすごく違和感を覚えます。というのも、中国人にとって餃子は「主食」なのです。ですから餃子をおかずに白米を食べる行為は、日本人の感覚に置き換えると寿司をおかずにしながら白米を食べるような奇妙な光景に映ってしまいます。

 日本人の感覚では、「餃子が主食? 餃子でお腹いっぱいになるの? 」と不思議に思うかもしれません。でも大丈夫です。中国の餃子は日本の何倍も皮が厚くてモチモチした水餃子が主流なので、食べると非常にボリュームがあります。餃子を食べれば炭水化物も野菜も肉も食べられて栄養バランスも整うので、うどんを一杯食べたのと同じような感覚です。

 

gyouza_2

中国では水餃子が当たり前

 

餃子は中国の定番朝食メニュー

 日本人にとって白米と味噌汁が朝食の定番のように、中国人にとって餃子は朝食の定番メニューのひとつです。

 朝食の定番と聞くと、今度は「中国人は朝っぱらから、わざわざ餃子を包むの?」と驚かれるかもしれません。しかし中国の家庭では朝ごはんを自宅で作るのは珍しく、近所に出ている屋台で餃子を買ってきて朝ごはんにします。早朝におじいちゃんおばあちゃんが公園に集まって太極拳をやってから、帰宅がてら朝食用の餃子を買っていく光景は、中国らしいほのぼのとした朝の一コマです。

 一方で日本人が朝から日本風の焼餃子を食べるとなると、手間もかかるし臭いも気になるのであまり歓迎されそうにありません。中国の餃子は基本的にニンニクが入らないあっさりした風味なので、臭いの心配はないのです。

 こんなに違う中国と日本の餃子事情。日本で独自の発展を遂げた日本風の焼餃子は、もはや和食に入れてしまってもいいくらいかもしれません。

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい