語部醸児の粗談義−−ぜんぶ魚のアラの話

カテゴリー:著書
投稿日:2015.04.19

アラへの愛が詰まったラブレター

アラをこよなく愛する小泉武夫が、アラへの愛を語り尽くした本書。頭部や目玉、鱗、皮、卵巣白子、骨までと、丸ごと美味しく食べ尽くす!

 

出版社:中央公論社

発行年:1995年

 

 

 

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい