秋の味覚を発酵アレンジ! 秋刀魚の味噌チーズ焼き

カテゴリー:レシピ
投稿日:2018.09.12

食欲の秋到来です。秋の味覚の代表格の一つに、秋刀魚があります。昨年記録的な不漁で価格が高騰した秋刀魚でしたが、今年は一転して豊漁。昨年の半額程度で販売されているそうです。そのうえ今年の秋刀魚は肉厚でよく脂がのっているので、この秋は食卓に登場する機会が増えそうです。
さて、そんなお買い得な秋刀魚も度重なると、塩焼きだけでは飽きてしまいますよね。そんなときはコク旨発酵調味料である「味噌」と「チーズ」の最強タッグで、美味しくアレンジしてみましょう。

 

秋刀魚の味噌チーズ焼きの作り方
【材料】
・秋刀魚(開きにしてあるもの):1尾分
・片栗粉:大さじ2
・味噌:大さじ1
・みりん:大さじ1
・酒:大さじ1/2
・ピザ用チーズ:50g
・サラダ油:大さじ2
・きざみのり:適量

 

【作り方】
1./開きにしてある秋刀魚を、食べやすい大きさに切ります。開きにして売っている秋刀魚を買えば楽ですが、なければ魚屋さんで頼んで、開いてもらうといいでしょう。

開きを食べやすい大きさに

 

2./1に片栗粉をまぶします。

両面にまぶしましょう

 

3./ボウルに味噌、みりん、酒、チーズを入れて、混ぜ合わせます。

味噌チーズのタネが完成

 

4./フライパンにサラダ油をひいて中火にかけ、2の秋刀魚の皮面を上にして焼き色がつくまで焼きます。

先に身の面を焼きます

 

5./ひっくり返して、焼き色がついた身の面に3の味噌チーズを乗せます。

皮面を焼きながらタネを乗せる

 

6./蓋をして、チーズが溶けたら完成です。

蒸し焼きにすると溶けやすい

 

7./お好みで刻みのりをかけてお召し上がりください。

見事な味のハーモニー!

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい