疲れた胃にやさしい「梅みそ玉」

カテゴリー:味噌
投稿日:2018.09.10

秋めいてきました。今年の酷暑が胃に堪(こた)えた、という方も少なくないと思います。そこで、胃にやさしく美味しい「梅みそ玉」を作ります。梅干と味噌、具材を丸めてボール状にして、お湯で溶けば味噌汁になります。お弁当と一緒に持っていき、具材の梅干をほぐしながら一杯いただくと、ほっとする味です。

 

「梅みそ玉」の作り方

味噌とメインの具材の梅干は、味噌の量で塩分を調整するようにしてください。梅干、鰹節以外の具材は、乾燥わかめやねぎ、市販の乾燥味噌汁の具など水が出ないものをお好みで選んでください。冷蔵でも冷凍でも作り置きができます。

 

【材料】梅みそ玉1個分

・梅干:1個

・味噌:大さじ1/2程度(塩分で調整)

・鰹節:適宜

・とろろ昆布:適宜

・切干大根:2cm程度に切って適宜

具材は乾燥しているものを

 

【作り方】

1./ラップに味噌、梅干、その他の具材をのせて巾着のように口を絞る。

2./モールや輪ゴムなどで口をきつめにとめ、ラップの余りをはさみで切って出来上がり。

口をきつく止める

 

鰹節とほどよい酸味でほっとする味

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい