疲れた体にしみわたる! スタミナ南蛮味噌

カテゴリー:味噌 投稿日:2018.08.28

青唐辛子+ニンニク+ショウガ+シソで元気をチャージ!

唐辛子と味噌で作る南蛮味噌は、唐辛子味噌とも呼ばれ、ピリ辛風味のおかず味噌の代表的存在。日本各地にその土地ならではの唐辛子味噌のレシピがあるといわれ、私たち日本人になじみがある万能調味料です。

今回は、夏が旬の青唐辛子を使い、そこにニンニクなどの薬味を加えた、元気が出るスタミナ南蛮味噌をご紹介。ご飯のお供やキュウリなどの生野菜につけるほか、炒め物などの味付けに大活躍します。

なお、唐辛子は品種などによって辛さがいろいろなので、使う量は好みで調節してください。

 

【材料(できあがり約120g)】

・青唐辛子:中4本(辛さと好みで調整)

・シソ:4枚

・ニンニク(みじん切り):小さじ1

・ショウガ(みじん切り):小さじ1

・サラダ油:大さじ1

・白ごま:大さじ1

▼A

味噌:100g

酒:50ml

みりん:25ml

スタミナ南蛮味噌の材料

 

【作り方】

1./シソは細切りにする。唐辛子は素手で扱うと危険なので、ビニール手袋などをつけて作業すること。青唐辛子はヘタと種を除き、粗めのみじん切りにする。種を入れたほうが辛くなるので、好みで種を入れてもよい。

手袋をして唐辛子を刻む

 

2. /Aの味噌だれを合わせる。甘いのが好きな人は砂糖を適宜加えるとよい。

味噌だれの材料を混ぜておく

 

3./鍋にサラダ油と1の唐辛子、ニンニク、ショウガを入れ、色が変わる程度に炒める。このとき立ち上がる蒸気を吸い込むとむせるので、吸い込まないように注意すること。

薬味と唐辛子を炒める

 

4./3に2の味噌だれとシソを加える。

味噌だれとシソを加えて炒める

 

5./好みの固さに仕上げ、白ごまを加えて完成。

好みのゆるさに仕上げ、白ゴマを入れる

 

できあがり

 

※保存は冷蔵で約3か月。

 

●ピリ辛オクラ納豆丼(南蛮味噌を使ったレシピ)

切って混ぜるだけの簡単レシピ。オクラは生で刻むとねばねば感がアップします。

 

【材料(1人分)】

・オクラ:3本

・納豆:1パック

・南蛮味噌:大さじ1

・しょうゆ:小さじ1/4

・シソ(千切り):2枚分

・ミョウガ:1個

・白髪ネギ(好みで):適宜

・ご飯:1膳

 

【作り方】

1./オクラは汚い部分を落とし、うぶ毛を塩(分量外)でもんで落として水洗いし、薄めの輪切りにする。シソとミョウガは千切りに。

 

2./納豆とオクラ、シソ、ミョウガ、南蛮味噌、しょうゆをよく混ぜ、ご飯に乗せ、好みで白髪ネギを添える。

 

撮影:信長江美

文・レシピ:オザワエイコ

手作り調味料研究家。編集者。自家製調味料の仕込み教室「かもしラボ」主宰。著書に『だからつくる調味料』(ブロンズ新社)がある。

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。