【リアルごはん9】人気店『しもみや』のレシピ紹介!「トマトの梅酢おひたし」

カテゴリー:レシピ 投稿日:2018.08.27

発酵食品を使った極旨レシピを、全国の銘酒の品ぞろえと旬の料理で定評のある『美酒和膳 ひがし中野しもみや』(東京・東中野)に紹介していただきます。今回は夏野菜のトマトと梅酢を使い、キンキンに冷やしていただく「トマトの梅酢おひたし」を作ります。この「トマトの梅酢おひたし」は同店で食べることもできます。

 

「トマトの梅酢おひたし」の作り方

【材料】

・トマト:6個

・出汁:400cc

・本味醂:100cc

・薄口醤油50cc

・梅酢:25cc(なければ普通の酢)

・青紫蘇:15枚(飾り付け用2枚含む)

・タマネギ:適宜

 

【作り方】

1./トマトの皮を湯むきして、トマトがすっぽり入る深めの密封容器に入れる。

2./飾りで使う青紫蘇2枚を除き、残りは香りを出すために少しもんでざっくりと切り、トマトの上にのせる。

3./2の密閉容器は氷を入れた一回り大きな容器に入れておく。

4./鍋に出汁、本味醂、薄口醤油、梅酢を入れ強火にかける。

5./沸騰寸前で火を止めて、3にトマトがひたひたに浸かるまで静かに注ぎ入れる。

トマトが浸かるまで出汁を入れる

 

トマトがひたひたに浸かった状態

 

6./粗熱が取れたら、冷蔵庫に入れて冷やす。味がしみ込んだ2日後から食べられる。

7./さらし玉ねぎを下に敷き、青紫蘇の千切りをのせ、トマトが浸かっていた出汁をかければ出来上がり。

 

レシピ協力・リアルごはん店舗:美酒和膳 ひがし中野しもみや

お店は東京農業大学醸造学科卒業し、小泉センセイの教え子でもあり、全国の蔵元とも親交があるご主人と奥様が切り盛りしています。

 

ホームページはこちら

住所:東京都中野区東中野1-52-18 クワハウス1階

TEL:03-3363-7878

営業時間:PM6:00~AM1:00/LO.12:00

定休日:毎週月曜日

 

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。