梅干でバリエーション!「梅干の粕漬け」

カテゴリー:漬物
投稿日:2018.08.16

梅仕事も一段落。梅干の出来上がりが楽しみな時期になりました。そのまま食べてももちろん美味しい梅干ですが、今回は一味変えて粕漬けを作ります。酒粕をベースに、醤油を加えればご飯のお供に、はちみつを加えればお茶うけに最適です。梅干しを酒粕に漬け込むだけで、深い美味しさが加わります。

 

「梅干の粕漬け」の作り方

粕漬けにすると塩気がうまく抜ける上に梅干も柔らかくなります。年代物の塩辛い梅干も漬けると美味しく食べられます。粕床も一緒にいただきましょう。酒粕以外の調味料は、梅干の塩分にも左右されますので、お好みの味に調整してください。

 

【材料】

・梅干:10個

・酒粕(板粕):50g

 

<辛口>(ご飯のお供などに)

・醤油:大さじ1/2

・日本酒:小さじ1/2

 

<甘口>(お茶うけに)

・本味醂:小さじ1

・はちみつ:大さじ1(甘みの調整はお好みで)

 

【作り方】

1./保存容器などに酒粕をちぎって入れる。固いようなら電子レンジで1分程度温めると柔らかくなる。

2./1に<辛口>なら醤油と日本酒、<甘口>なら本味醂とはちみつを入れ、よくかき混ぜる。そこに梅干を入れ、1週間程度常温で漬け込んで出来上がり。

辛口は温かいご飯にのせて

 

甘口はお茶うけに

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい