夏の強い味方! 甘酒フルーツジュース

カテゴリー:発酵食品全般
投稿日:2018.08.12

「命に関わる危険な暑さ」を体験した今年は、例年以上に体調管理が難しい夏となりました。そして、気温差が激しいと疲労が蓄積し、より熱中症になりやすくなるので心配です。そんな厳しい夏を元気に切り抜ける強い味方は、何と言っても“飲む点滴”こと甘酒です。

甘酒にはビタミンB群や葉酸、必須アミノ酸9種、ブドウ糖などの豊富な栄養素が含まれており、疲労回復を助けて栄養不足を補うことができます。そんな甘酒をより美味しく、摂取できるのが「甘酒のフルーツジュース」です。

酒粕から作られる甘酒に比べて、米麹から作られる甘酒は少しタンパク質の量が減るので、ヨーグルトを入れて補います。更に、ビタミンCが豊富なフルーツを入れれば、厳しい夏を乗り切る万能ジュースの完成です。

 

甘酒フルーツジュースの作り方
【材料】(2人分)
・甘酒(米麹から作られた砂糖無添加のもの):100cc
・ヨーグルト:100g
・バナナ:60g
・キウイフルーツ:60g
・飾り用のバナナとキウイフルーツ:適量

 

【作り方】
1./ジュース用のフルーツは適当な大きさに切ります。飾り用のバナナとキウイフルーツも薄くスライスしておきます。

完熟フルーツを使うと甘くできる

 

2./ミキサーに甘酒、ヨーグルト、ジュース用のフルーツを入れ、撹拌します。
3./飾り用のフルーツを、グラスの内側に貼り付けます。
4./3の中に2を注ぎ込み、お好みで細かく切ったフルーツを上に乗せて飾りつければ完成です。

忙しい夏の朝食に最適!

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい