通算60万杯!大人気の「おだし」とは

カテゴリー:発酵食品全般
投稿日:2015.10.22

「にんべん日本橋本店」はこの秋5周年を迎える。通算60万杯以上を売り上げる「日本橋だし場(NIHONBASHI DASHI BAR)」の「おだし」は、OLなど若い層にも大人気だ。

 

dashiba1_fix

 

「『おだし』のコンセプトは、『削りたてのかつお節で、取りたてのおだしを提供する』というもの。時間が経つとすぐに酸化して風味が劣化してしまうかつお節を新鮮なまま使用しています」と大場満店長。「おだし」のメニューは「かつお節だし」と「かつお・昆布合わせだし」の2種類で、冷たい「おだし」と温かい「おだし」が選べる。

 

テイクアウトもできて気軽に立ち寄れる

 

店内はスタンド形式のスタイリッシュな雰囲気となっている。「削り場」というブースで、削り師が削る「本枯鰹節(荒節にカビをつけて発酵させた深い旨味と香りを持つ高級鰹節)」から取った、味付けをしていないピュアなだし。これからの寒い時季には温かい「おだし」で身体を温めよう!

 

日本橋だし場(NIHONBASHI DASHI BAR)

住所/東京都中央区日本橋室町2-2-1 コレド室町 1F

TEL/03-3241-0968

営業時間/10:00〜19:00、だし・ドリンクメニューは10:00〜19:00、ランチメニューは11:00〜14:00(お持ち帰りも可)

定休日/コレド室町に準ずる

料金/「おだし」1杯100円(税込)〜

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい