野菜の歯ごたえがコツ!「焼きピクルス」

カテゴリー:レシピ
投稿日:2018.06.21

ジメジメ蒸し暑いときでも、爽やかな風味で食欲を刺激してくれるのがピクルスなどの酸っぱい漬物です。野菜を漬け込むときに、“焼く”ひと手間かけると新しい美味しさのピクルスになります。焼くことで野菜の旨味が増し、香ばしさも加わって、夏にぴったりの味です。美味しく作るコツは、野菜の歯ごたえを残すよう火加減を調節することです。

 

【材料】

・好みの野菜:適量

(かぶ1/2個、パプリカ1/4個、長ねぎ1/2本、かぼちゃ約100gを使用)

 

ピクルス液

・米酢:1/2カップ

・水:1カップ

・砂糖:大さじ4

・塩:小さじ1/2

・ローリエ:1/2枚

・赤唐辛子(輪切り):少々

・胡椒(粒):少々

 

【作り方】

1./ピクルス液の材料を鍋で一煮立ちさせ、冷ましておく。

ピクルス液を作る

 

2./野菜は1口大の乱切りにして、フライパンで焦げ目がつくまで焼く。中まで火を通さなければならないかぼちゃは弱火でじっくり、パプリカやかぶは強火で表面にさっと焦げ目をつける程度にする。

野菜に焦げ目をつける

 

3./2を1のピクルス液に投入し、粗熱がとれたら冷蔵庫に入れて1時間〜1晩漬ける。

ピクルス液に漬ける

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい