新定番! らっきょうの酒粕漬け

カテゴリー:漬物
投稿日:2018.06.03

らっきょうは、血行促進や疲労回復などの効果があるとされる健康野菜です。初夏までは新鮮な土付きらっきょうが手に入るので、自家製がおススメです。定番の甘酢漬けや醤油漬けに加えたいのが酒粕漬け。酒粕のやわらかい風味としゃきしゃきとした歯ごたえが魅力です。漬けている日数によって変わっていく味を楽しめるのも、自家製ならではの楽しみ方です。刻んでドレッシングやソースの風味付けに使っても美味です。

 

らっきょうの酒粕漬けの作り方

【材料】

・らっきょう:300g程度(皮つき)

・塩:適量

 

●酒粕床

・酒粕:200g

・みりん:大さじ2

・酒:大さじ1

・砂糖:大さじ2

・塩:小さじ1

 

【作り方】

1./らっきょうをよく洗い、薄皮をむく。傷などあるものは、表面がきれいになるまでむくこと。

らっきょうの皮をむく

 

2./1の根元と芽を切り落とす。漬けるらっきょう全体の重さを測る。

根元と芽を切る

 

3./耐熱容器に入れ、らっきょうの重量の3%の塩を混ぜる。

塩を混ぜる

 

4./3を電子レンジに1分かけ、軽く混ぜて、さらに1分かける。冷めたら、ジッパー付き保存袋に入れ、冷蔵庫に入れて1〜2日漬ける。

保存袋に入れ冷蔵庫へ

 

5./酒粕をちぎって、みりん、酒を回しかけ、電子レンジに1〜2分かけ、少しあたためる。砂糖、塩を加え、木べらで柔らかく練る。

酒粕を柔らかくする

 

6/4の塩らっきょうを5と混ぜる。チャック付き保存袋に入れ、冷蔵庫で漬ける。3日程度から食べられる。好みの漬かり具合でどうぞ。

酒粕にらっきょうを漬け込む

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい