健康相性抜群!ブルーチーズと蜂蜜ナッツ

カテゴリー:発酵食品全般
投稿日:2018.05.08

いま、あらためて、ナッツの健康効果に注目が集まっています。くるみは、健康に良いとされるオメガスリー脂肪酸が多く含まれている食品です。オメガスリー脂肪酸は心臓病、がん、脳溢血・脳卒中、糖尿病、高血圧、肥満などいわゆる生活習慣病予防に効果があるといわれています。アーモンドはビタミンEが豊富に含まれており、抗酸化作用でアンチエイジングに効く食品。カシューナッツは、糖尿病予防が期待できる亜鉛と女性に嬉しい鉄分が豊富に含まれています。

健康効果満載のミックスナッツに合わせる発酵食品は、もちろんチーズがベストでしょう。味の相性が良いだけでなく、チーズは短鎖脂肪酸が含まれる食品。短鎖脂肪酸は、体内に一旦蓄えたりせず、大腸から取り込まれたらすぐにエネルギーとして使われるので、太りにくい脂肪成分なのです。

そこで、ナッツとチーズを使った“手軽で健康的で罪悪感が低いおつまみ”をご紹介しましょう。以前ロックフォールチーズをご紹介したときに触れましたが、ブルーチーズは蜂蜜との相性が抜群です。今回のレシピでは、ミックスナッツの蜂蜜漬けを作ってブルーチーズと合わせます。ミックスナッツの蜂蜜漬けは1ヵ月以上も日持ちするので、余ったらパンやホットケーキ、アイスのトッピングなどにご活用ください。

 

ブルーチーズと蜂蜜ナッツクラッカーの作り方

【材料】(2人分)

・ミックスナッツ(無塩のもの):40g程度

・蜂蜜:90g程度

・ブルーチーズ:適量

・クラッカー:6枚

 

【作り方】

1./ミックスナッツが含む余分な水分を飛ばし、カリッとさせるために乾煎りします。

オーブンを使う場合は天板にクッキングシートを敷き、ミックスナッツを並べます。150~160℃に熱したオーブンで、15分程度素焼きにします。

フライパンを使う場合は、弱火にかけてナッツの香りが立つまで乾煎りします。

※素焼きのナッツを使う場合、この工程は省略できます。

焦げないように注意しましょう

 

2./煮沸消毒し、よく乾燥させた容器を用意します。そこにナッツを入れ、ひたひたにかぶるくらい蜂蜜を注ぎます。

10分以上漬け込みましょう

 

3./クラッカーにハニーナッツを乗せ、ブルーチーズを添えれば完成です。

ワインとよく合うおつまみに

 

(監修:深尾由起子)

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい