砂糖不用! 甘酒どら焼きのやさしい甘さ

カテゴリー:レシピ
投稿日:2018.04.04

関東地方では桜の満開は過ぎつつありますが、東北地方はこれからが見ごろを迎えます。桜以外にもポピーや藤、菜の花など、花見やピクニックが楽しい季節。「山笑う」という季語があるように山野は春の陽ざしにあふれてゆきます。

そんな春にピッタリの、やさしい甘味の甘酒どら焼きを作ってみませんか。砂糖を使わずに甘酒の甘みだけで作るどら焼きは、穏やかな春の行楽にピッタリです。

 

甘酒どら焼きの作り方

【材料】(3~4人分)

●甘酒どら焼きの皮

・薄力粉:100g

・ベーキングパウダー:小さじ1

・卵:1個

・甘酒:150cc

 

●甘酒あんこ

・小豆:100g

・甘酒(原液):200g

 

【作り方】

1./「甘酒ぼた餅」の作り方1~6を見て、甘酒あんこを作る。

鍋で甘酒あんこを作る

 

2./次に皮の部分を作る。ボウルに卵を割り入れてよくかき混ぜ、甘酒を加えてさらに混ぜる。

菜箸でよくかき混ぜる

 

3./2に、薄力粉とベーキングパウダーをふるい入れる。

一緒にふるうと良く混ざる

 

4./ダマにならないように、ヘラでよく混ぜ合せる。

皮のタネが完成

 

5./熱したフライパンやホットプレートに薄く油を敷き、4をオタマですくって流し入れる。生地が平らになるように、オタマで軽く表面をなでて形を整える。

ホットケーキを焼く要領で

 

6./表面がプツプツしてきたら、フライ返しでひっくり返して裏面も焼く。

両面焼いたら皮が完成

 

7./1の甘酒あんこを、6の皮ではさんで出来上がり。

皮もあんこも甘酒のやさしい甘み

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい