酢でくっつかない!田作り(ごまめ)【発酵でダイエット! (43)】

カテゴリー:レシピ
投稿日:2018.03.14

田作り(別名:ごまめ)は、乾燥小魚を乾煎りし、醤油、みりん、砂糖などを煮詰めた液をからめて作る日本の伝統料理。お正月のお節の縁起物として欠かせないメニューですが、カルシウムやリンが豊富にとれ、簡単につくれるところから日常的に食したい一品です。しかし、熱いうちにバットなどに重ならないように広げて冷まさないと、全部くっついて取れなくなってしまうのが難点。

 

酢でくっつかない!田作り(ごまめ)作り方

くっつかない裏技として、最後に酢または酒を加える、油を加えるなど方法はありますが、たっぷりの酢と砂糖だけで作る田作り(ごまめ)は、冷蔵庫に入れてもくっつかず固まりません。

酢を多めに使いますが、酸っぱさはなく、甘さを抑えてさっぱりと仕上げてくれるので、カルシウムたっぷりの健康おやつに、箸休めにとついつい箸が進んでしまう逸品です。

 

【材料】

・乾燥小魚:100g

・酢:180cc

・砂糖:100g

・醤油:少々

・鰹節:適量

・胡麻:適量

 

【作り方】

1./乾燥小魚(いりこを使用)をフライパンで10分くらい(中火〜弱火)で炒っておく。

カリッとするまで乾煎りする

 

2./酢と砂糖を鍋に入れ沸騰させ、1を入れて煮汁が少し残るまで煮詰める。

煮汁をとばしすぎると固くなる

 

3./最後に醤油、鰹節、胡麻を入れよく混ぜ合わせたら出来上がり。

鰹節をたっぷり入れると美味しい

 

くるみや一味唐辛子でアレンジ

 

ザイマリ/完全紹介制食育エステティックサロンオーナー。エステティシャン歴12年。企業や団体への講演やセミナー講師・執筆業・食育指導など多岐にわたり活動中。

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい