ゆかりでヘルシーメニュー! 「長芋のゆかり和え」

カテゴリー:レシピ
投稿日:2018.03.16

「ゆかり」は梅干しを作る際に色味と風味づけに入れる赤じそを、干してパリパリにしたあと、揉んで細かくしたものです。ふりかけとして、また和え物の調味料としても使えるスグレもの。今回は長芋に合わせてみました。長芋は1本買うと全部使い切れずに余ってしまうことが多いですが、そんな時は和え物にしておくとまた風味が変わって箸が進みます。

ゆかりの抗酸化作用と長芋の免疫力向上が相乗効果を生むヘルシーメニューです。

 

「長芋のゆかり和え」の作り方

長芋は皮をむいたら酢水に浸けて、変色を防ぎヌルヌルを抑えて料理しやすくします。

 

【材料】

・長芋:太いところ10cm

・酢:大さじ1/2

・ゆかり:適宜

・青のり:あれば適宜

 

【作り方】

1./長芋はピーラーなどで皮をむき、酢水に10分程度浸けておく。

2./1の水気とヌルヌルをペーパータオルで拭き取り、包丁でサイの目に切る。

3./ボウルに2を入れ、ゆかりを振りかけてよく混ぜ、30分~1時間程度置いておく。

4./長芋から水分が出てくるので、もう一度混ぜてから器に盛って青のりを振り、出来上がり。

ゆかりとよく混ぜる

 

時間を置くと水分が出てくる

 

青のりを振って出来上がり

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい