大人気! 手作り「柿酢」の絞り方

カテゴリー:発酵食品全般
投稿日:2018.01.28

生活習慣病や心臓病、高血圧予防の効能で注目を集める「柿酢」。当マガジンでは、安心安全な「柿酢」の作り方を紹介しました。柿の実が発酵によって、日々変化していく様子を眺めているのは、子どもの成長を見守るような気分でそれなりに楽しいものですが、そろそろ絞っても良い時期になってきました。そこで今回は「柿酢」の絞り方を紹介します。

 

「柿酢」の絞り方

昨秋に仕込んだ柿酢は実の形が完全に崩れて、カレールーのようになっています。この状態ではキッチンペーパーなどで濾(こ)そうと思っても、ほとんど水分が落ちずにうまく濾せません。そこで圧搾法で絞ります。

 

【絞る道具】

・さらし手ぬぐい:1枚

・ザル:1個

・ザルを受ける鍋やボウル:1個

・ヘラやおたまなど:1個

絞り道具を用意

 

【作り方】

1./さらし手ぬぐいを2つに折り、袋状に丈夫に縫う。この袋は一度作っておけばいろいろ使えて便利。

手ぬぐいを袋状に縫う

 

2./絞った酢を受けるボウルや鍋の上にザルを置き、そこに袋をセットし、柿酢をおたまに2~3杯ぐらい入れる。入れ過ぎると絞りにくいので注意。

3./1時間ぐらいはそのまま放置。ある程度柿酢が出たところで袋の口をねじって閉じ、圧搾開始。ヘラやおたまなどでぐーっと押していく。

柿酢を袋に投入、最初は放置

 

袋をねじりながらへらで押す

 

4./へらで押しても絞れなくなったら、袋をどんどんねじって絞っていく。袋の縫い方が弱いと破けるので袋は丈夫に縫うことが重要。

5./絞り切ると柿の種や絞りかすが残るだけになる。これで絞り完了。あまり強く絞ると果肉が柿酢に入る場合もあるが、しばらく置いておくと沈澱してきれいな柿酢になる。

美しくまろやかな柿酢の出来上がり

 

6./絞った後は熱湯消毒した瓶などで常温保存する。絞っても発酵は続くので、コルク栓のワインの瓶か、他の瓶であればペーパータオルでフタをする。表面に白っぽい産膜酵母ができることもあるが、これはカビではない。そのまま寝かせて5年経つと黄金の酢に変わるとも言われている。ただし、使う際には匂いや味を必ず確かめることが重要。

 

絞った「柿酢」はツンとくる強い酸味がなく、とてもまろやかで甘味も感じられます。料理はもちろん、健康ドリンクとしてそのまま飲むこともできます。

柿にはカリウム、みかんの2倍のビタミンC、ぶどうの5倍のポリフェノール(タンニン)が含まれます。また「黒酢」の3倍、「米酢」の10倍のカリウムが含まれ、体内の余分な塩分を排出し、血圧の改善や疲労回復、脂肪の分解を促進し、血液をサラサラにする効果があると言われています。去年は挑戦できなかった方も、今年の秋はぜひ手作りしてみてください。

 

「柿酢」と寒麹、オリーブオイルのドレッシングは、塩味も酸味も柔らかく、深い旨味を持つ絶品です。

カクテルのようなドレッシング

 

1月28日配信では「柿酢」を使ったレシピを、小泉武夫先生の教え子でもある「美酒和膳 ひがし中野しもみや」(東京・東中野)さんに紹介していただきます。

 

 

【関連記事】

混ぜて寝かせるだけ! 100%天然の「柿酢」の作り方

柿が少なくてもできる! 「柿酢」の作り方

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい