風邪かなと思ったら、卵酒で乗り切ろう!

カテゴリー:酒
投稿日:2018.01.09

冬本番! 寒い毎日がつづきますね。年明け早々に風邪をひいてしまっている方もいるのではないでしょうか…。
今回は、冬の風邪にオススメの温かい飲み物のご紹介!
一昔前の古き良き昭和時代、風邪の引きはじめによく飲まれた「卵酒」はご存知でしょうか。
卵酒は、砂糖と卵を沸騰直前の日本酒に混ぜてつくられる飲み物。
風邪のウイルスに効くというよりも、日本酒は身体を温める効果があることや、胃腸にやさしく高タンパク質の卵で、体調不良の食欲がないときにも飲みやすいことから、よく飲まれていました。
しょうがを加えたり、日本酒の量を半分におさえ、牛乳や豆乳を入れてよりまろやかな味わいの卵酒にしてみてもいいでしょう。
もちろん、風邪でなくとも、寒い冬にほっこりと温まりたい夜などにもオススメです。

 

●卵酒のレシピ
【材料】
・卵:1個
・日本酒:180~200cc
・砂糖(お好みで):少々

 

【作り方】
1./日本酒を小鍋に注ぎ、火にかけ、沸騰直前まで温めたら火からおろす。
2./ボウルに卵を割り入れ、溶き卵をつくる。お好みで砂糖を加え、さらによく混ぜ合わせる。
3./2に1で温めた日本酒を少しずつ加えたら完成。

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい