冬の定番! 昔ながらの「粕汁」の作り方

カテゴリー:発酵食品全般
投稿日:2017.12.29

「粕汁」といえば関西では冬の定番として親しまれてきました。最近ではその健康パワーが注目されている酒粕がベース。体が芯から温まり野菜もたくさん摂れる具だくさんの汁物です。作りたてより1日置いた方が一層美味しくなるので、多めに作ってたっぷりいただきましょう。

 

昔ながらの「粕汁」の作り方

 

材料は、豚肉の代わりに魚類(鰤や鮭など)、野菜もゴボウや里芋など、季節の具を入れてください。青ねぎを添えればインフルエンザ予防効果も。年末の忙しい時に、ボリュームのある材料で作れば、これだけで大満足のおかずになります。

 

【材料】
・豚小間切肉:100g
・大根:1/4本
・人参:中1本
・こんにゃく:1/2枚
・油揚げ:1/2枚
・酒粕:100g
・出汁:800cc
・味噌:大さじ1~1と1/2
・醤油:適宜(あれば薄口醤油)
・青ねぎまたは長ねぎ:(薬味用)適宜

材料は好きなものを選ぶ

 

【作り方】

1./材料はすべて一口大の大きさに切る。大根、人参はイチョウ切り、短冊切りなどお好みで。大きさをそろえることがポイント。こんにゃくはゆがいてアクを抜いておく。

2./鍋に出汁を入れ、1を投入して柔らかくなるまで煮る。途中アクが出たらすくっておく。

3./酒粕(板粕)をちぎって、レンジで1分半ほど温める。こうすると溶けやすくなる。ボウルに2の出汁を少し入れ、温めた酒粕を入れて溶かす。

4./2に3と味噌を入れ、味を見て足りないようなら醤油で調整して出来上がり。

酒粕でとろみもついて温まる!

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい