砂糖不使用! 甘酒伊達巻のやさしい甘さ

カテゴリー:レシピ
投稿日:2017.12.22

いよいよ年末。2017年が暮れようとしています。年末といえば、大掃除と並んで気になるのが「おせち作り」です。市販のおせちももちろん便利で美味しいのですが、商品によっては少し甘すぎたり、添加物の味が気になることがあります。そこで今回ご紹介するのは、砂糖の代わりに甘酒で作る、やさしい甘さの伊達巻です。伊達巻は知識・華やかさ・繁栄の意味が込められた縁起物といわれています。今年は手づくり伊達巻で、やさしい味の新年を迎えてみませんか?

 

甘酒伊達巻の作り方

【材料】

・はんぺん:100~120g

・卵:4個

・甘酒:大さじ4

・塩:少々

 

【作り方】

1./一口大に切ったはんぺんとほかの材料すべてをミキサーに入れ、滑らかになるまで混ぜ合わせます。

材料は意外とシンプル

 

すり鉢やブレンダ―でもOK

 

とろとろの液体状にする

 

2./熱した卵焼き器を一度濡れ布巾に置き、落ち着かせたら弱火にかけ、油(分量外)を敷いてから1を全て流し入れます。

濡れ布巾効果で綺麗な焼き色に

 

3./アルミホイルで蓋をして、じっくり蒸し焼きにします。

ホイルが卵焼き器の蓋の代わりに

 

4./ふっくらしてきたら、串を指してみます。串に液が付いて来なければ火を止めて、巻きすに移します。この時点でまだ焦げ目が薄いようなら、少し火を強めて焦げ目を付けましょう。

液が付いてきたらもう少し加熱を

 

5./焦げ目を下(巻きす側)にして熱いうちに巻き、輪ゴムなどで固定して冷めるまで置きます。

熱いうちに巻くと形良く仕上がる

 

6./冷めたら巻きすを外し、1cm程度の幅に切り分ければ完成です。

麹の力でしっとりとした食感に

 

【関連記事】「おせち」で幸福をいただきましょう

 

(監修:深尾由起子)

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい