仕込んですぐ使える! やみつき「簡単コチュジャン」

カテゴリー:発酵食品全般
投稿日:2017.11.27

炒め物にもスープにも!  韓国の万能調味料

コチュジャンは、ビビンバをはじめ肉や海鮮料理など、韓国料理に欠かせない調味料。どの家庭でも常備していて、地域や家庭によってさまざまな味があります。基本は唐辛子の粉と麹、それにもち米などを使って発酵させるもので、発酵期間も数日から1年以上など、いろいろ。

今回ご紹介するのは、作ってすぐに使える簡単コチュジャン。米麹や味噌、薬味などの材料を用意したら、あとは混ぜるだけ。作ってすぐに使えて、旨みたっぷり。一度味わったらやみつきになる味です。

そのまま野菜スティックにつけてもいいし、豚肉炒めや海鮮炒めと相性バツグン。スープに加えればピリ辛スープがすぐにできます。スープに野菜や肉を加えてご飯にかけるのもおすすめです!

 

【材料】(200mlビン1本分)

・豆味噌(八丁みそ):50g

・味噌(普通の辛口味噌):50g

・韓国粉唐辛子粉(細びき):10~15g

・一味唐辛子:5g

・砂糖(写真はきび糖):50g

・醤油:大さじ2

・酒:大さじ1

・みりん:大さじ1

・米麹:20g

・にんにく(すりおろし):小さじ1

・しょうが(すりおろし):小さじ1

・すりごま:小さじ1

・ナンプラー:大さじ1

 

【作り方】

1./材料を準備する。米麹は生麹がおすすめ。乾燥麹を使う場合は、あらかじめぬるま湯で戻しておく。

唐辛子粉は好みで量を加減する

 

2./すべての材料をボウルなどに入れる。

ボウルや鍋に入れて混ぜる

 

3./丁寧に混ぜ合わせてできあがり。手で混ぜると早いが、唐辛子があるので、かならず調理用手袋を着用すること。

まんべんなく混ぜてなじませる

 

4./すぐ使えるが、1~2週間、熟成させると味が落ち着く。ビンなどに空気が入らないようにみっちり詰める。保存は冷蔵で約1年。

ビンなどに詰めて冷蔵保存

 

●ピリ辛きのこスープ(「簡単コチュジャン」を使ったレシピ1)

 

【材料】(2人分)

・水:400ml

・鶏ガラスープのもと:大さじ1

・コチュジャン:小さじ2

・塩、こしょう:各少々

・きのこ(写真はシメジを使用):1/2パック

・万能ネギ:2本

 

【作り方】

1./きのこは石づきを除き、食べやすい大きさにする。

2./鍋に水と鶏ガラスープのもと、きのこを入れて加熱する。きのこに火が通ったら、コチュジャンを溶き、塩・こしょうで味をととのえる。器に盛り、万能ネギの小口切りを乗せる。

 

●キュウリのコチュジャン和え(「簡単コチュジャン」を使ったレシピ2)

 

【材料】(キュウリ1本分)

・キュウリ:1本

・塩:少々

・コチュジャン:小さじ1/2

・白ゴマ:少々

 

【作り方】

1./キュウリは1~2cm厚さの小口切りにして、手で押して半分に割る。手で割ることで味をしみこみやすくする。塩少々をふって混ぜ、10分ほどおき、水気をギュッとしぼる。

2./キュウリをコチュジャンで和え、器に盛り、白ゴマをふる。

 

撮影:信長江美

文・レシピ:オザワエイコ

手作り調味料研究家。編集者。自家製調味料の仕込み教室「かもしラボ」主宰。著書に『だからつくる調味料』(ブロンズ新社)がある。

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい