【小泉センセイ講座@東京農大】「鮓と鮨」を語る

カテゴリー:発酵仮面
投稿日:2017.11.07

「鮓」というのは、滋賀県の鮒鮓や和歌山県の太刀魚熟鮓に代表されるように、魚介類を飯と共に重石で圧し、長い日数をかけて、乳酸菌を主体とした微生物で発酵させたもの。その成立は中国で紀元前4世紀と古く、日本へは弥生期に伝わってきた。一方「鮨」は、酢を加えた飯に魚介を添えて混ぜたり、押したり、握ったりしたものである。

講義では両スシの歴史を語り、伝播と進化を述べ、味覚文化を論じる。また、東京農大の名誉教授でもある小泉センセイが、国内から海外まで、両スシを食べ歩いた舌の旅も披露する。

 

【詳細】

小泉武夫「鮓と鮨」

◇日時:平成29年12月16日(土)13時~14時30分

◇場所:東京農業大学世田谷キャンパス

◇住所:東京都世田谷区桜丘1-1-1

◇受講料:1000円

◇講座番号:C001

◇定員:200名(対象:18歳以上)

◇テキスト:資料配布名

◇申込期間:11月7日(火)〜12月6日(水)
※申し込みはインターネットおよび電話のみ。定員になり次第、締め切り。
 

◇お問い合わせ:

東京農業大学エクステンションセンター
TEL:03-5477-2562(問い合わせ時間は平日10~16時)

http://www.nodai.ac.jp/society/learn/extension/

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい