【小泉武夫・食百珍】虫を食う話

カテゴリー:食情報
投稿日:2017.11.08

虫蒸しパン?

「食と民族」という研究をしていたとき、メコン川流域の民族の食事調査をしたことがある。そこで気付いたのは、ラオスでもカンボジアでもタイでも虫をよく食べる食文化が今でも色濃く残っていることであった。ある時、村の小さな市場に行くと、女性たちが面白いものをつくって売っていた。川で捕ってきた川虫の一種を焙烙(ほうろく)で炒って水分を飛ばし、それを搗いて粉にする。その虫粉に小麦粉を加えて水で練り、それを焼いたり蒸したりして食べるのである。正に虫蒸(むしむ)しパンだけれども、これにはとても知恵がある。

なぜかというと、虫にはタンパク質や脂肪、無機質、ビタミン類が豊富で、とても栄養に富んでいるからである。

また、世界で最も大きいカブトムシにゴホンツノカブトムシがあり、東南アジアに4種、ニューギニアに一種が分布している。タイ、ミャンマー、マレーシアには特に多く棲息しているが、この体長10センチ近くの大型カブトムシをタイの古都チェンマイの農村や、ミャンマー国境の人達はこのカブトムシの翅と脚をむしりとり、ずっしりとした栄養豊かな内蔵をむさぼり食べて、この虫を貴重な蛋白質源としているのを見たことがあった。俺も食べたがそう美味いものではなかった。

 

蚊の目玉のスープ?

ちょっと話は飛ぶが、中国の広東に、一風変った珍品中の珍品料理があって、しばしば食通の話題を集めている。それがすなわち「蚊の目玉のスープ」という代物で、蝙蝠(こうもり)は別名を「蚊喰(かく)い鳥」と呼ばれるほど蚊が大好物で常食にしている。従ってその糞の中には蚊の目玉がたくさんあるだろうと考え、そこからあみ出されたのがこの料理だという。この「目」と称する部分をスープに散りばめるとたいそう美味で珍しいというので、天下の珍味と称えたそうである。そもそも蚊の目玉は古来中国では「夜明砂」と名付け、老舗を誇る薬屋の看板に掲げられたというが、これは蚊や蝙蝠は夜明けでも目が見えるというので、夜盲症の薬にひっかけて薬屋の看板になったものである。しかし、実際には蚊の目玉などという代物があろうはずはなく、この料理はつくり話であって、スープに点々と浮く黒く微細な目玉はアミのような小さなエビの子である蝦子(ハアツー)の目玉だということだ。

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい