たっぷりの日本酒で煮る! 白菜の酒煮

カテゴリー:レシピ
投稿日:2017.11.01

 そろそろ旬を迎えて柔らかく甘味が増してきた白菜。この白菜をたっぷりの日本酒で煮る「白菜の酒煮」を作ります。水は一切加えず、日本酒と白菜の水分で煮ると、白菜から出た甘味が日本酒の旨味と合わさって絶品度アップ! 白菜1株でもペロッといけます。

 

 白菜の酒煮の作り方

 白菜は煮るとカサが一気に減るので、生では山盛りでも、煮るとこんなに少ない?! というぐらいになります。鍋用で買った白菜が使いきれずにもてあまし気味になっている時にはもってこいです。

 

【材料】

・白菜:1/2株

・日本酒:カップ1

・鶏もも肉:100g

・油揚げ:1枚

・きのこ類:お好みで適宜

・サラダ油:大さじ1

・塩:大さじ1/2

・胡椒:適宜

 

【作り方】

1./白菜は5cmぐらいにざくざく切って洗って水を切っておく。きのこ類はほぐす。

2./油揚げは2cm幅ぐらいの短冊切り、鶏もも肉は薄切りする。

3./フタがきちんとしまる鍋にサラダ油大さじ1を入れ、熱したら鶏肉を入れて炒める。

鶏肉を色がつくまで炒める

 

4./鶏肉が炒まったら、日本酒、塩、胡椒を入れ、沸騰させて日本酒のアルコール分を飛ばす。

アルコール分を飛ばす

 

5./4にまず白菜、その上に油揚げ、きのこ類を入れる。白菜が盛り上がるので、鍋のふたでぎゅっと押してふたをしめ、水分が飛ばないようにして10分程度中火で煮る。

6./白菜の水分が十分出て柔らかく煮えたら出来上がり。

山盛りの白菜もすぐにしなしなに

 

白菜の甘味と旨味たっぷり

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい