再現!? 松本の名物バー“BRORA”の「クリームチーズの味噌漬け」

カテゴリー:漬物
投稿日:2017.10.06

 以前、当メディアでもご紹介した、松本市(長野県)にあるバーの名店“BRORA”。ここで常連さんの間で人気の「クリームチーズの信州味噌漬け」。オーナーバーテンダーの山﨑さんにレシピをお聞きして、編集部でも挑戦しました。1:信州味噌の深みのある塩気と本味醂の甘味。2:クリームチーズのトロリとした食感とコク。3:和と洋の発酵食品の絶妙のコラボ。3拍子そろった人気の絶品の再現はなったのか? 果たして?

 

クリームチーズの信州味噌漬けの作り方

味噌はそれそれ塩分が異なるので、「漬ける前に舐めてみて塩気が強いようなら味醂を多少多めに入れる」とオーナーのアドバイスがありました。

 

【材料】

・クリームチーズ:150g

・味噌:大さじ3(チーズ全体をごく薄く覆える量)

・本味醂:大さじ1/2

・アーモンドスライス、ローズマリー(あればお好みで)

これだけで絶品おつまみができる

 

【作り方】

1./味噌に本味醂をよく混ぜて密封袋に入れる。

2./クリームチーズをペーパータオルでくるみ、1に入れて味噌をよくまぶす。

密封袋で漬け込み開始

 

3./2週間程度経ったところで取り出して切って出来上がり。

 

今回は切ってみるとチーズがほろほろと崩れるタイプだったらしく、きれいに切ることができませんでした。そこで、ラップに包み一口大のボール状に握って盛りつけました。BRORAの完全再現はなりませんでしたが、形は違っても味はかなり近づけたと思います。

残念! 完全再現ならず…

 

こちらが本家。さすがに美しい

 

【関連記事】

松本のバーで発見! 絶品「クリームチーズの信州味噌漬け」の作り方

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい