金木犀の芳香を放つ美酒! 「桂花陳酒」を作る

カテゴリー:酒
投稿日:2017.09.27

 この季節、どこからともなく芳香が漂ってきます。その正体は金木犀(きんもくせい)。甘くまったりした芳香は、秋の香りの代表選手です。この金木犀の香りをお酒に移した「桂花陳酒」を作りましょう。「桂花陳酒」は、白ワインに金木犀の花を3年間漬け込んだ中国の酒で、甘味が強く、香り高いのが特徴です。楊貴妃が好んだと言われ、カクテルの「楊貴妃」はこの酒がベースになっています。作り方は簡単。仕込んでしまえば、あとは熟成を待つだけです。芳香を放つ琥珀色の美酒になり、お菓子作りなどにも応用が効きます。

 

 「桂花陳酒」の作り方

 金木犀の花は、3~5分咲きの所を直接木から摘み取ります。固まって咲くので、それほど摘み取りには苦労しませんが、排気ガスなどが当たらない所に生えている、きれいな花を使用しましょう。

 

【材料】

・白ワイン:750cc(1本分)

・金木犀の花:カップ1程度

・氷砂糖:カップ1程度(お好みで調整してください)

秋の芳香の代表選手、金木犀

 

【作り方】

1./金木犀の花を摘み取る。

花だけを手で摘み取る

 

2./ザルなどに入れ、水をかけてさっと洗い、ペーパータオルで水を切っておく。洗いすぎると香りが飛んでしまうので注意。

3./ガラス瓶を熱湯消毒し、氷砂糖、金木犀の花、白ワインを入れ、熱湯消毒したスプーンなどで静かにかき混ぜる。

1週間ですでに色が出始めている

 

4./冷暗所に置き、時々瓶を静かに振って香りを出させる。1ヵ月ぐらい経ったところで花を取り除く。3~6ヵ月ぐらい経つと熟成されてまろやかな味になる。さらに熟成を重ねると芳醇な香りと味になる。

※金木犀の花は、出汁用のパックに入れて浸けておくと、取り除く際に便利です。

芳香を放つ琥珀色の美酒

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい