森のバターの絶品おつまみ! 「アボカドの味噌漬け」

カテゴリー:漬物
投稿日:2017.09.24

 アボカドは「栄養価が世界一高い果物」としてギネスに認定されていることをご存知ですか? アボカドは「森のバター」と呼ばれるほど脂肪分が高いことが特徴の一つですが、「脂肪分」と聞くと不健康なイメージを持つ方もいると思います。しかしアボカドが含む脂肪分のほとんどが不飽和脂肪酸のため、太りにくく、血液をサラサラにしたり、コレステロール値を下げる効果まで期待できるそうです。

そんな栄養豊富なアボカドと、日本が誇る最強発酵調味料である味噌とを合わせて、お酒に合う絶品おつまみを自作してみませんか? 秋の夜長にお気に入りの日本酒と手作りおつまみ。それは何とも贅沢な時間となることでしょう。

 

 アボカドの味噌漬けの作り方

【材料】

・味噌:80g

・みりん:大さじ1

・アボカド:1個

 

【作り方】

1./味噌とみりんを密封袋に入れて手で揉み込み、よく混ぜ合わせる。

なめらかになればOK

 

2./アボカドを半分に切り、種をくり抜く。

包丁で刺してグリっと回して取る

 

3./手でアボカドの皮をむく。

熟していると皮をむきやすい

 

4./3のアボカドを1の密封袋に入れて、漬け込む。

切り口に味噌を塗り込む

 

5./一晩漬け込んでから味噌を拭い取り、食べやすい大きさに切ったら完成。

ほんのり色づいて美味しそう

 

 味はチーズの味噌漬けにも似ていますが舌触りが柔らかく、味噌の香りとともに口の中でトロけます。アボカドを味噌に漬け込むだけで、こんなにも美味しくなるとは! 感動の味をせひお試しください。

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい