今が旬! 秋なすで山形名産「薄皮丸なす」風漬け物

カテゴリー:漬物
投稿日:2017.09.09

 山形県置賜(おきたま)地域の伝統野菜「薄皮丸なす」。形は丸く、皮が薄く一口大の大きさ。一夜漬けにすると絶品のおいしさです。しかし、収量が少なく入手は困難なので、これからどんどん美味しくなる秋なすを使って再現してみました。身が引き締まり、皮が柔らかめの秋なすは今が旬。重石は不要、大きめのガラス瓶や漬け物容器があれば簡単にできるので、ぜひ作ってみてください。

 

 薄皮丸なす風漬け物の作り方

 なすは鮮度が良く、なるべく皮が薄くて柔らかいものを選びます。また、変色するので色をきれいに仕上げるにはミョウバンが必須です。価格も手ごろなので、買っておくと便利です。

 

【材料】

・秋なす:5~6本

・青唐辛子または鷹の爪:1本

・出汁昆布:5~10cm(なくてもよい)

・塩:60g

・砂糖:120g

・水:900cc

・ミョウバン:小さじ1

鮮度抜群!ハリのある秋なす

 

【作り方】

1./なすは一口大の乱切りにして水に10分程度浸け、ザルにあげて水分を切っておく。

2./1をボウルに入れ、分量内の塩を少量をまぶして10分程度置く。

塩をまぶしてしんなりさせる

 

3./ボウルに水、塩、砂糖、ミョウバンを入れ、よく溶かす。

4./広口のガラス瓶や漬け物容器に2と唐辛子を入れ、3を注ぎ、なすが液から出ないように出汁昆布で蓋をする。ガラス瓶の場合は、口一杯まで3を注いでから昆布で蓋をする。重石は不要。

5./1~2日程度室温で漬ければ出来上がり。

瓶の口まで液を入れる

 

2日経過。見事な「茄子紺」に!

 

ツヤツヤで適度な歯ごたえ

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい