3時のおやつに大好評! ゴマ味噌クッキー【味噌で食育Vol.4】

カテゴリー:味噌, [PR]
投稿日:2017.09.30

離乳食後期頃になると、少量ずつゴマを使えるようになります。ゴマには鉄分やカルシウムなどの、離乳食後期に意識して摂取したい栄養素が含まれているので、チャレンジしたい食材です。おやつのクッキーにゴマと味噌を練り込めば、美味しく栄養不足を解消できます。

※ゴマはアレルギーを引き起こすおそれのある食品です。まずは少量で様子をみて、ゴマアレルギーがないことを確認した上で、食べさせてください。

 

■適齢期:離乳後期(11ヵ月〜)

■塩分:0.1g(1食[3枚]分)

 

【材料】(3cmの大きさで15枚分)

・薄力粉:100g

・三温糖:30g

・味噌(料亭の味 無添加有機味噌):10g

・ごま油:10g

・サラダ油:20g

・白ゴマ:10g

・水:大さじ2

・クッキングシート:適量

※三温糖はキビ砂糖でも代用できますが、黒糖、黒砂糖は1歳までは乳児ボツリヌス症の危険があるので注意してください。

バターなしでもサクサクに!

 

【作り方】

(1)清潔なビニール袋に小麦粉と三温糖を入れ混ぜる。

サラサラなので、振ればOK!

 

(2)1に他の材料を入れすべてよく混ぜ合わせる。

モミモミ混ぜると楽しいですよ

 

(3)袋の中にひとまとめにして丸め、冷蔵庫で20分ほど寝かせる。

寝かせて生地をなじませます

 

(4)直径3cmほどの円形(楕円形でも持ちやすくて良い)になるよう手で丸め平たくつぶす。

つぶして、火が均一に通るように

 

(5)クッキングシートを敷いた天板に並べて、予熱で170~180℃に温めたオーブンで15分~20分程度、うっすらときつね色になるまで焼いたら出来上がり。

※トースターで焼くことも可能ですが、温度調節が難しいので、様子をみながら加熱してください(温度調節機能付きトースターの場合は、約180℃の設定で10分ほど)。

天板に並べて焼く

 

こんがり焼き上がりました

 

【ワンポイントアドバイス】

■1歳半くらいから、ビニール袋でもみ込むなどのお手伝いができるようになります。お子さんと一緒に作っても楽しいですね。

■細長い棒状にして焼けば、手づかみ食べ用クッキーにもなります。

■火を通しすぎると硬くなるので注意してください。

 

レシピ=小野友紀/武蔵野短期大学准教授。管理栄養士。乳幼児期の食をめぐる課題・食事援助のあり方などの研究を進めている。主な著書に『保育園の食事-離乳食から幼児食まで-』(芽ばえ社)など。

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい