夏の栄養補給に、塩麹タンドリーチキン

カテゴリー:レシピ
投稿日:2017.08.07

 夏は、暑さによるダルさ改善、肌や髪への紫外線ダメージの回復に、良質のたんぱく質を摂りたいもの。鶏肉をカレー風味で食べるタンドリーチキンなら食も進みます。カレー粉には、ターメリック(うこん)、コリアンダー、クミンなど夏のからだに嬉しい香辛料がたっぷり。塩麹を使うことで、鶏肉の旨味に奥行きが生まれます。

 

【材料】

鶏手羽肉:8本(約600g)

塩:少々

〈A〉

 レモン汁:大さじ1

 しょうが汁:小さじ1

〈B〉

 ヨーグルト:大さじ3

 塩麹:大さじ2

 カレー粉:大さじ1

〈つけあわせ〉

 野菜:適宜

 レモン:1/4個

 

【作り方】

1./鶏肉は皮目をフォークで数カ所刺して、塩をすり込む。

2./1にAをよく揉み込み、冷蔵庫で15分程度置く。

鶏肉に塩、Aをもみ込む

 

3./ビニール袋にBを合わせ、2を入れる。ビニールの外側から、鶏肉1本ずつにBをからめる。空気を抜いてビニールの口をとめ、冷蔵庫で1晩以上漬け込む。

カレーソースに漬ける

 

4./3を220℃のオーブンで20〜30分焼く。

オーブンでこんがり焼く

 

5./こんがり焼けたら、皿に盛り、つけあわせの野菜、レモンを添える。

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい