さっぱり美味しい! さやいんげんの酢味噌和え【味噌で食育 Vol.2】

カテゴリー:味噌, [PR]
投稿日:2017.07.30

 夏がやってきました。子どもたちの食欲が低下して、夏バテしがちなこの季節。離乳食や幼児食の味つけに酢を上手に使うと、さっぱりして食が進むのでおすすめです。

 味噌の酵素と、旬のさやいんげんが持つβカロテンで健康的な免疫を整えて、厳しい暑さを元気に乗り切りましょう。

【味噌で食育特集】トップページはこちら>>

 

■適齢期:完了期(12~18ヵ月)

■塩分:0.1g(1食分)

 

【材料】(子ども2食分)

・さやいんげん:50g

・三温糖:1g

・味噌(料亭の味 無添加有機味噌):2g

・酢:小さじ1/2

材料も作り方もとてもシンプル!

 

【作り方】

1./いんげんは筋を取り(最近は筋が気にならないものも多い)、1.5cmくらいの長さに切ってから柔らかく(指でつぶせるくらい)茹でる。

茹でる前に切っておくと楽

 

2./三温糖、味噌、酢で和え衣を作り、さやいんげんと和えたら出来上がり。

茹でてから和えるだけ!

 

出来上がり!

 

【ワンポイントアドバイス】

■さやいんげんに筋がある場合は、両端を指先で折った時に筋が繋がったままになるので、そのまま胴体の方に引っ張ると取りやすいです。

■さやいんげんは茹でた後だと熱くて切りにくいので、茹でる前に切っておくと調理がスムーズに進みます。

■酢味噌の和え衣はさやいんげんだけでなく、ナスやオクラなど他の茹で野菜でも美味しくいただけます。

 

レシピ=小野友紀/武蔵野短期大学准教授。管理栄養士。乳幼児期の食をめぐる課題・食事援助のあり方などの研究を進めている。主な著書に『保育園の食事-離乳食から幼児食まで-』(芽ばえ社)など。

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい