隠し味に味噌!? 発酵和風カレー

カテゴリー:味噌
投稿日:2017.07.08

 自宅でカレーを作る際に、隠し味を入れたことはありますか? チョコレートやウスターソースなど、各家庭でさまざまなバリエーションがあるそうです。市販のカレールーで作るカレーでも、独自の奥深さを演出できる隠し味。

 今回編集部がおススメするのは、日本が誇る発酵調味料の味噌です! 今回は味噌入りカレーに、夏野菜のナスなどを焼いてトッピングしました。味噌汁と合せれば、発酵和風カレー定食の完成です。

 

●「発酵和風カレー」の作り方

【材料(3~4人分)】

・玉ねぎ:2個

・鶏もも肉:250g

・お好みの野菜やきのこなど:適宜

※今回はナス、しめじ、じゃがいもをトッピングしました。その他、オクラやパプリカ、ズッキーニなどでも美味しくいただけます。

・市販のカレールー:3~4人前(味をみて調節)

・水:カレールーに記載されている分量(味をみて調節)

・味噌:小さじ大盛り1

・油:大さじ1

 

【作り方】

1./玉ねぎは粗めのみじん切り。鶏もも肉はひと口大に。野菜類は火が通りやすいように少し薄めのひと口大に切っておく。

 

2./油を敷いた鍋に玉ねぎを入れ、弱めの中火でじっくり炒める。

焦がさないように弱火で

 

3./玉ねぎがしんなりしてきたら分量の水を入れ、10分程度煮込む。

 

4./一度火を止めてからカレールーを割り入れて、とろみがつくまで再び煮込む。

水ではなく出汁で煮ても美味しい

 

5./とろみがついてきたら火を止め、味噌を混ぜ入れる。

最後に入れて香りを立たせる

 

6./鶏肉の皮の部分を下にしてフライパンに並べ、中火で焼く。皮から十分な油が出てくるので、油はひかなくても大丈夫。皮がこんがり焼けて十分に油が出てきたら鶏肉をひっくり返し、蓋をして中に火が通るまで焼く。

鶏肉の皮には驚く量の油が!

 

7./焼けた鶏肉をとり出したら、フライパンに残っている油分と水分を利用して野菜類を焼く。

余計な油を使わないのでヘルシー

 

8./ご飯にトッピング野菜を乗せ、カレーをかけたら完成!

味噌汁や漬物と合わせてどうぞ

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい